めちゃめちゃヤバイSnip清水会長のブログ

企業は何で世の中のために貢献するのか?スニップは人の成長をもって社会に貢献する企業。私のミッションは「人の成長のため」にお役に立つこと

私たちスニップの使命は「美容を通じて夢と感動と笑顔を広めよう」
夢とは期待を持たせること、感動とは期待を上回ること、そしてあなたの笑顔が私たちのご褒美です。
みんながワクワク!ドキドキ!ニコニコ!キラキラ!になることが私たちのミッションです

CIMG4985

最後に立ち寄ったのは障害者施設です
すっかりキレイになったニュートリションセンター
今年の5月に移転して新しくなりました。

ここには115名の子供達が暮らしています
80名の障害をもった子供と30名のHIVをもった子供達は
どちらも20歳まで生きることはできません

はじめてこの施設を訪れたときは言葉を失いました。
今は清潔な施設ですが、以前は劣悪な環境で見るに絶えませんでした

今でも、国からの支援は少なく、ここで世話をする職員の方々の給料は
ほとんど出ていないようです。

この施設に足らないものは、オムツ、粉ミルク、ガーゼやタオル、子供服、遊び道具などですから、今回も日本からたくさんのオムツや、子供服などを持っていきました。
御協力してくれた皆様ありがとうございました。
無事すべて持っていくことが出来ました。

カンボジアの人達もたいへん喜んでくださいました。
石川先生のおっしゃるとおり、物を渡すことは支援にならないかもしれませんが
物の中にある、みんなの真心をカンボジアのひとたちには渡せたと思います。

CIMG4986CIMG4997CIMG4999

カンボジアの美容室事情!

カンボジアといっても、バッタンバンは地方都市ですので
首都プノンペンに比べると遅れています。

バッタンバンの中央市場(セントラルショッピングセンター)には
美容室がたくさん隣接しているコーナーがあります。

美容室といっても、店には玄関も無く鏡と椅子が1台か2台あるだけの施設です
シャンプー椅子は通路にあり、桶で水をすくって流すという感じです

カンボジアでは、ストレートパーマが大流行中

大体20ドルから30ドルだそうです。

物価は日本の10分の1ですからだいたい感覚的には日本と同じです。

ちなみにカットは1ドルぐらい

将来は日本とカンボジアの美容の交流をしたいと思っています。

CIMG4952CIMG4953CIMG4954

いつも、日本の美容師ですと伝えたら笑われるのはなぜなんだろうか?

次に行ったのが現地のNGO団体が支援している
貧困家庭です

暮らしが貧しくなってしまう原因は夫の酒と浮気です
夫が酒におぼれて、職につかず、女性を作って
家から出て行ってしまうのです。

収入源を断たれた家庭は、多くの子供を抱えて路頭に迷い

子供達は結局、学校に行くことも無く、畑仕事をするしかなくなってしまいます。

CIMG4946CIMG4944

次に行ったのは

ノリア職業訓練校です。
女性が自立できるようにと、今は亡き堀本氏が作った施設です

ここには僕の亡くなった家内の服をプレゼントしました

CIMG4927CIMG4933

次に行ったのが孤児施設です
親に育ててもらえない子供達が暮らす施設です。

日本から持った行った服やお菓子をもらって喜んでいました

CIMG4880CIMG4875CIMG4885CIMG4899

↑このページのトップヘ