川口社長がとろさば専門店の社長の話を聞いてきてくれました

じゃんけんでぐーを出し続けることが成功の秘訣だそうです

さば専門店が「サバ」だけしか置かないことの難しさですね

まぐろやサーモンが欲しいというお客様の声に

応えるのかどうか

お客様のためにいろいろおいてしまうと

専門店の個性が薄くなる

でもサバが苦手な人のために

少しだけ違うものをとやってしまう気持ちになりそうです

お客様第一という考えを

どのお客様に対してなのかが定まっていないと

迷走します

自社のお客様はどういうお客様であるか

ここをはっきりして

そのお客様に対してはどこまでも満足を追求する

その先にオンリーワンがあるように思います