よく女性は共感が大事という話を聞きます

最近自分は共感しているのか?疑問になって

いろんな人の話を聞きながら考えていると

(いやそれは〜)ということを考えている自分に気がつきます

立場的にうんうんとは言えないと思い込んでいる自分に気づきます

ここは何かいい意見を言わなくては!と

特に家庭では妻の話を聞いて

「いやそれは〜」とよくやっています

解決しているつもりですが

相手にとっては否定的な言い方になっていると思います

反省です

先日も同友会の発表者に選ばれたとき

1分間しか発表の時間がないので

いつもはできるだけたくさんのことを言わなければいけないと思っていました

今回はできるだけシンプルに

結論は〜〜です

その理由は〜〜ですとまとめると

30秒ほどで発表できました

なにかいいことを言わなければという欲望を捨てると

緊張せず気持ちも楽でした

といいながら

実はこのブログで自分の欲望を満たしているのかもしれないと

思うのです