めちゃめちゃヤバイSnip清水会長のブログ

企業は何で世の中のために貢献するのか?スニップは人の成長をもって社会に貢献する企業。私のミッションは「人の成長のため」にお役に立つこと

私たちスニップの使命は「美容を通じて夢と感動と笑顔を広めよう」
夢とは期待を持たせること、感動とは期待を上回ること、そしてあなたの笑顔が私たちのご褒美です。
みんながワクワク!ドキドキ!ニコニコ!キラキラ!になることが私たちのミッションです

2014年06月

これは二宮翁夜話にでてくる話です

二宮尊徳先生曰く

「刃物を渡すときには刃先を手前にするように

自分の身上には損をしても、ひとの身上に損はかけまい

自分の名誉はそこねても、他人の名誉には傷をつけまい

これが道徳の本位であり

人々みんながそうなれば天下は太平だ」


先日の報徳会ではこの項をテーマに話し合いました

人間関係でも人に刃先を向けていないか

知らず知らずのうちに傷をつけているかもしれない

気をつけないといけませんねという話になりました


刃先というのはわかりやすいですが

言葉や行動で刃先をむけているようなこともあるかもしれない

ということです

昨日は人材育成の勉強会に行ってきました

もちろん同友会です

その中で感銘を受けたのが

コストダウンの考え方です

利益を追求するためにコストダウンをするのであれば

人件費を下げることをしなければいけない

それが誰の為になるのか?

社員さんにコストダウンを徹底させている企業は

自分たちの給料との矛盾を抱えながら仕事をさせていることになる

原価もそうです

究極にコストダウンしようと思えば

非常に安価なものを使えばいい

しかしそれでいい仕事が出来るかは疑問です

無理無駄をなくすことと

安いものを使うことは違います

コストダウンは誰のためにするのか

会社の為だけにするコストダウンはうまくいかない

お客様や社員さん、取引先様もハッピーなコストダウンがいいですね

スニップの幹部の考え方は僕を含めて

上に立ってリーダーシップを取るのではなく

後方に回って後ろから支援する、支える役割をするのが

スニップの考え方です

上下ではなく前後

この言葉の意味を理解してもらいます

上に立つというのは

誰かが下になるということです

そんな時代は終わっていると思っています

どれだけ後方に回れるか

力量が試されるのはここです

一番後ろからメッセージを発していて

一番前の人にどう伝わっているかが力量

直接伝えてなければいけないのは力量が足りないということ

幹部と言うのは

いつまでも前線に居座っていてはいけない

前にいると居心地がいいのは

みんなから注目されるからです

後方に行けばいくほど

見てくれる人が少なくなります

見てもらいたいという欲求を捨て

見させていただくことの喜びを感じる人になることです

与えてほしいから与えさせていただく側へ行けば

本当の大きな豊かさがそこにあるのです

最近、めっきり記憶力が低下しているのに

自分の記憶を一生懸命頼りにしているのは

どこか滑稽さを感じる

間違っているとか

ずれていることの恐怖からか

自分の過ちを素直に認めることが難しくなってきています

これからますます年齢を重ねて

さらに記憶力や能力も衰えていくのはあたりまえ

せめて素直さだけでも残しておかなければ

世の中に貢献できそうもありません

素直さの大切さをしみじみ感じます

スニップでは毎年海外研修があります

行けるのは年に1人か2人です

今年行くのはレコの橋本店長

約10日間の研修旅行です

僕が勤めている頃は

海外なんて夢のまた夢というのが現実でした

働き出したら海外はいけないなんてつまらない

海外にも行けるような会社でありたいのです

慰安旅行で韓国やグアムにも行きました

海外研修には10人以上行っています

5日までは連続休暇も可能なので

自分で行く社員さんもいます

僕もカンボジアにボランティアで行ったことがあります

ニューヨークに視察にも行きました

社員さんにもいろんな経験をつませてあげたいと思います




↑このページのトップヘ