めちゃめちゃヤバイSnip清水会長のブログ

企業は何で世の中のために貢献するのか?スニップは人の成長をもって社会に貢献する企業。私のミッションは「人の成長のため」にお役に立つこと

私たちスニップの使命は「美容を通じて夢と感動と笑顔を広めよう」
夢とは期待を持たせること、感動とは期待を上回ること、そしてあなたの笑顔が私たちのご褒美です。
みんながワクワク!ドキドキ!ニコニコ!キラキラ!になることが私たちのミッションです

2015年04月

スニップメンバーが集まると

自然に自慢大会になることがあります

うちのメンバーはすごいとか

うちの○○さんはすごいとか

愛社精神よりも愛店精神ですね

日本人は褒めたり、自慢することが苦手みたいですが

本当は自慢したいものだと思います

悪口は言ってる方も聞いてる方も辛いもの

些細なことを大きく自慢できることって

素敵なことだと思います



昔2店舗目を出したとき

完成したお店の前で満足げにお店を見ていました

するとある人に言われました

これくらいで満足してたらあかんでと

えっと思いましたが

その言葉は今でも忘れません

松下幸之助さんの本にも感謝はしても満足はしないと書いてありました

満足するとそこから気が緩むのかもしれません

まだまだという向上心を持ち続けるためにも

満足はしないというのもひとつの考え方です

今期も終わって前期より利益が上がった結果となりました

普段から利益よりもやりがいや成長の方が大事と言っています

利益を上げることが目的ではありませんが

どうすれば利益が出るかを考えて行動することは

社会人にとってとても重要なことです

二宮尊徳翁の教えに「分度」という言葉があります

入ってくるものより出て行く方を少なくすることです

簡単なことですが会社が大きくなると

一つ一つが見えなくなって

どうしても経費が多くなってしまいます

分度をわきまえた経費の使い方をすれば利益はでます

利益を出す謙虚な姿勢を身につけることは

人間的成長があるのではないかと思っています

無駄なことはないか考えることだけでもいい

もっとこうすればと行動すればなおいい

小さなことを積み重ねることの大きさがわかれば

そこにやりがいが生まれてくると思います

些細なことにも使命感が湧いてくると思います

そうして細部に神が宿るという道理が理解できると思います

自分の長所や

人の長所というものって見つけにくいものです

僕はちょっと変わった方法で長所を見つけます

短所変換法

短所を長所に変換する方法です

例えば気が短いという短所は

決断が早いみたいにです

話が長いというのは一つ一つが丁寧

あまり話をしない人は聞き上手とか

短所の方が特徴があるのでインパクトが強いです

松岡修三さんはうざいくらいの元気さですが

今や日本一の前向きな男性です

僕はめちゃめちゃいい加減な性格ですが

細かいことを気にしない性格といえばいい感じです

細かいことを気にしすぎる人は

繊細で細やかと言えば長所です

だから僕は人の短所が大好きです

短所の方が愛嬌があっていいと思います

この時期は新人さんが入って

職場の空気が変わる時期ですが

お客様にとってはいいことばかりではありません

慣れない新人が

お客様にご迷惑をかけてしまうことも

あるかもしれません

不慣れと同時に怖いものは

慣れ

一つ一つ丁寧にしていたものが

慣れによって

少しずつ品質が落ちる

よくある話です

いい仕事というものは

びっくりするような感動を与えることではありません

神は細部に宿るもの

ささいなことでも丁寧に

一つ一つを丁寧にすることです

自らを研ぎ澄ますことで

見えないものが見えてくるように

お客様の心の声が聞けるように

毎日を新鮮な気持ちで

↑このページのトップヘ