めちゃめちゃヤバイSnip清水会長のブログ

企業は何で世の中のために貢献するのか?スニップは人の成長をもって社会に貢献する企業。私のミッションは「人の成長のため」にお役に立つこと

私たちスニップの使命は「美容を通じて夢と感動と笑顔を広めよう」
夢とは期待を持たせること、感動とは期待を上回ること、そしてあなたの笑顔が私たちのご褒美です。
みんながワクワク!ドキドキ!ニコニコ!キラキラ!になることが私たちのミッションです

2015年07月

同友会仲間で先輩でもある英貴自動車さんが

このたびEIKI×CAFEという新しいプロジェクトをしています

お客様のためにオープンな英貴になろうというプロジェクトです

明日はお披露目イベントなのですが

僕は行けないため、今日行ってきました

11692486_889356021136370_1081378276390155175_n




11693844_889356037803035_929264709866491792_n




11705301_889355971136375_1675598517435157515_n







僕が英貴自動車さんを応援するのはもう一つ理由があります

英貴自動車さんは障害者の方々を社員として雇用されています

今日もその社員さんに洗車サービスをしてもらいました

一生懸命に洗車している姿に頭が下がります

とっても丁寧な洗車ですので大満足です

障害者の方々が社会の役に立つ場を提供しているすばらしい会社です

なかなかできることではありません

区別なく雇い、区別なく仕事をしてもらう

企業とは何のためにあるのかということを考えさせられます

今日はありがとうございました

明日の成功をお祈りしています












先日27日にスニップ本店にて

夏祭りを開催しました














たくさんの子供たちが遊びに来てくれました

ヨーヨーすくい、スーパーボールすくい、輪投げ

目玉はヘアアクセつくり体験です














美容室なので美容に関することも入れてるところがすごいですね

今回のイベントもスニップ本店が自発的にやってくれました

お客様のために

なにかできないかと考えた夏祭り

休みの日を返上していましたが

みんな楽しそうでした

美容室が地域に存在する理由は

ただ髪を切るところだけではないと思います

いろんなイベントを通じて

地域の人たちと交流し

いい街づくりに貢献していくことも一つだと思います

美容師なのにそんなこともするの?

と思われる美容師さん、美容学生さんもいるかもしれません

そんなこともするのがスニップです

美容師は技術ができるようになると

成長が止まります

スニップは技術以外の仕事が多い会社です

それは人間としてどこまでも成長できる会社でありたいからです

自分たちで考え、自分たちで行動することができる

自分たちが社会貢献していると感じることができれば

素敵だと思います





美容室経営者になるのはそんなに難しいことではありません

僕自身、自分でお店をスタートしたときは

なにも考えていませんでした

何のために経営していますか?

と勉強会で聞かれたときは

何も答えられませんでした

(自分たちが食べていくため)と思っていました

しかしすでに一緒に働いている社員さんがいました

もうお店は自分たちだけのものではありませんでした

お客様にとっても働く人にとっても

お店にかかわる人にとっても

意味がありました

経営者になるということはそういうことです

最初はわからなくてもいいですが

どこかで気がついてほしいと思います

経営者が儲けることを望むお客様はいません

お店や売上を自分のものと勘違いしないことです

お客様からいただいた頑張れという気持ちを

経営者がなにに使うか

1円も無駄にしてはいけないと思います



テレビでカーブスという女性専用のフィットネスを紹介していた

そのカーブスで力を入れているのが

インストラクターの養成

お客様と一緒に楽しく続けられるようにサポートする

インストラクターを養成しているようでした

マシンの使い方を説明するだけなら文字だけでもいい

使いかたよりもサポートする力

結局やっぱり人の力ですね

美容師さんも

このお客様を応援する姿勢も持ったほうがいいのではないかと思う

スタイリストとして似合うデザインを提案するほうが向いている人

スタイリストとしてお客様と寄り添って一緒に成長するほうが向いている人

結果としてお客様がもっときれいになれればいいのですが

最近の美容師さんは

お客様の想像の範囲で仕事をしていないかと思います

新しいデザインが提案できていなかったり

苦手なパーマを提案していない

そして

簡単なカラーや簡単なカットデザインを

言われたとおりやるのでは

素人でもできる仕事です

素人でもできるものにお金を払うのは

時間労働代のみ

お客様の変わりにやっただけ

付加価値はありません

技術ができるようになったら

お客様の想像を超えることができるように

自分を高めていくことです

お客様には到底できないことをやるくらいの気持ちが必要

そこに美容師としての

やりがいがあるのではないかと思います

そういう想いで仕事をすれば

たかがシャンプーでも

絶妙な指使いやリズム感

さすがプロといわしめることはできるはずだと思います



2016年に20周年をむかえるのは

なんとポケモンとスニップ

ファミリーサロンとしてスタートしたスニップとしては

なんとも不思議な縁を感じます

おかげさまで20年

スニップは僕の人生です

いろんな人と出会い

たくさんの経験をさせてくれたスニップに

感謝です

20年といえば成人

新たな旅立ちということですね

未来に向けて

スニップをどう変化させてくれるか

楽しみです

↑このページのトップヘ