めちゃめちゃヤバイSnip清水会長のブログ

企業は何で世の中のために貢献するのか?スニップは人の成長をもって社会に貢献する企業。私のミッションは「人の成長のため」にお役に立つこと

私たちスニップの使命は「美容を通じて夢と感動と笑顔を広めよう」
夢とは期待を持たせること、感動とは期待を上回ること、そしてあなたの笑顔が私たちのご褒美です。
みんながワクワク!ドキドキ!ニコニコ!キラキラ!になることが私たちのミッションです

2016年06月

釣りというのは経営に似ています

まず何を釣るのかを決めて

そのターゲットに最適な

道具を揃えて

ターゲットがいる場所で

ターゲットに向けて釣る

やり方は釣りの専門家に聞けば教えてくれます

経営は

まず誰に何を売るのかを決めて

それに必要なものを揃えて

ターゲットがいる場所で

ターゲットに向けて売る

うまくいかないのは釣りにたとえると

釣りたい物が決まってなくて

竿とはりとえさと場所がちぐはぐだったり

一番釣れそうな物がターゲットになって

ころころ道具を変えてしまったりしてしまうこと

うまくいっている人ばかりが気になって

あれもこれも手を出して

竿だらけになってしまったり

大きな獲物が釣れそうだからといって

針だけ大きくしても釣れないし

大漁を狙って

針をあとからたくさんつけても

そもそもエサがなかったり

ちぐはぐになるとどうしようもなく

悪いスパイラルに入ってしまいます

美容室はすぐ

エステが儲かる

ネイルが

マツエクが

美容機器が

と飛びつく人が多い

メンズが流行っているからメンズをやる

ファミリーが流行っているから託児所をつくる

大人女性が増えているから女性スタイリストを増やす

人手に困っているから

新卒イベントでは若い人に楽しそうな美容室を演出する

最近業務委託サロンが増えているから切り替える

某カラー剤が売れているからメーカーを変える

某シャンプーが売れているからそれも売る

某広告媒体に出せば新規集客できるから出す

教育会社に頼めば教育してくれる

さすがにすべてあてはまることはなくても

ちょっとあてはまる会社は多いのではないかと思います

そういうスニップもつい最近までは全部やっていました

全ては僕の経験です

そこから省いていって

軸を決めて

軸以外はやらないようにしていきました

シンプルに誰に何を売るのか

迷ったときは考えてみるのもひとつです













今年のリクルートも4.5.6と3ヶ月過ぎ

残り約3ヶ月となりました

7.8.9の3ヶ月で残り6名の募集枠が埋まるかどうか楽しみです

昨日6月の内定者が3名決まって

今のところ合計4名の内定者が決まっています

受けに来る学生のタイプが年によって変わるのが面白いです

今年はじっくり考えてくるタイプが多いようです

悩みすぎて行動できなくならないように気をつけて欲しいものです

就職活動は

「自分に合った、いいところを選ぶ」ために時間を費やしていることだと思います

しかしなかなかどこが自分に合うのか?そこがいいところなのか?

判断がつかずに迷ってしまう人も多いと思います

どうすればそれがわかるのか?

僕にはわかりません

たぶん誰もわからないと思います

合うとか合わないとかは長い目でみれば

一つの会社にいても合うときもあれば合わないときもあります

いいところかどうかもいろんな判断基準がありすぎて

答えなんてありません

昔は雇ってもらえるならどこでもいい

一人前になるために何でもやりますと就職していました

それはそれで一人前になった人も多かった時代もありました

今は就職先を選べる時代のようですが

実際はやはり選ばれていると思ったほうがいい

学生としての見識と社会人の見識のどちらが経験値があるかと言えば

やはり社会人です

その企業の内定を決める人たちが

いろいろ考えて選んでいるのですからお任せしてみてはどうかと思います

私を選んでくれるならなんでもやります

それくらいのふり幅があったほうが

入社してからなんか違うと思うことも少なくてすみます

たとえ面接でいい結果がもらえなくても

それは企業が合わないと判断してくれたと思えると

落ち込まなくてすみます

自分で選んだと思うから

合わないと思ったときに自分が間違ってしまったと考えてしまう

選んでいただいたと思えれば

なんとか合わせようと努力もできそうです

必ずしもそう思ったほうが正解なんてことは言えませんが

就活でうまくいっていないと思っている人には

なにかの役に立てれば幸いです

社会人としての道はまだまだ長いものです

今の努力はかならずあなたの財産になると思います

頑張ってください

早いもので石川先生がお亡くなりになって1年

生前あれだけお世話になったのに

なんの恩返しもできていない自分が情けないです

はぐるまの家の坂岡様より

お昼12時に石川先生とご縁のある方々で黙祷を捧げようと

お声掛けいただきました

1年の自分を振り返り

先生の教えを活かせているかどうか反省させていただきます

石川先生にご縁のある方がおられましたら

ご一緒に黙祷を捧げていただければ

先生もお喜びいただけると思います


15年前初めて先生と出合った頃を思い出します

初めてなのに優しく迎えていただき

そこからたくさん学ばせていただきました

カンボジア、福島県、石川県、叡福寺、長浜

数々の人間塾、はたけの小屋、勧修寺などなど

先生とのご縁ですばらしい人たちとのご縁をいただきました

僕のブログの多くは先生から学んだことを書いています

これからも一言ではいい尽くせないものを

頑張って書き続けて

お役に立たせていただこうと思います





今のスニップを見て入社してきてくれる人たちには

とても感謝していますが

それよりも

昔のまだ知名度もなく

規模も小さく

将来性も見えない

条件も悪く

僕も経営者としてなにもわかっていなかったころに

スニップに入社してくれた人たちには

もっと感謝です

スニップを成長させてくれたのは

そういうメンバーであることは間違いありません

僕がなにもしないのに会長でいることができるのは

そういう人たちが支えてくれているからです

ありがとうございます

やはり会社の成長というものは

社員さんの成長であるということです



昨日の林先生の授業はすばらしかった

あんな授業を受けてみたいと思いました

□■□■□■□■□

『東大生の質問

「東大生だからなんでもできると思われるプレッシャーをどうすればいいのか」

林先生は

そう思われているならそれが出来るようにすればいい

期待に応える事で自分のチャンスの幅が増える

しかし

東大生だからと言われる時期は実はほんの少し

すぐに言われなくなる

IMG_5495


東大に入るかそうでないかより

社会で活躍できるかできないかのほうを考えること

それには

二つの力をつけることです

解決できる力と創造できる力

社会では何かの問題や課題を解決することと

そして今まで無かったものを創造することしかない

この二つの力をつけることです

それには

失敗を恐れないことと

群像の感覚=自分の強みを客観的に見定める力

を身につけることです

時代の中で活躍できる人物は変わる

自分はどこで活躍できるのかポジションを見つけること

私の役目は

0.1%でも視聴率を高めるために

自分の持てる力を最大限に使うことだと思っている

自分に似た歴史の人物を見つけてその人から学ぶ

その人がなぜ成功したのか失敗したのか

世の中が求めるものはほとんどが言葉でできている

それを一旦モデル化(整理)して

伝えるときにまた言葉にする

そういう数学的思考がとても重要

私の伝え方がわかりやすいのは

数学的思考があるからだと思う』

□■□■□■□■□

東大に入るかどうかより社会で役に立つかどうかと

東大の林先生が仰っていることに説得力があります

自分がどうやって社会のお役に立てるのかわかりませんが

自分が先輩や本から学んだたくさんのことを

今の若い人たちの役に立てればと思います








↑このページのトップヘ