めちゃめちゃヤバイSnip清水会長のブログ

企業は何で世の中のために貢献するのか?スニップは人の成長をもって社会に貢献する企業。私のミッションは「人の成長のため」にお役に立つこと

私たちスニップの使命は「美容を通じて夢と感動と笑顔を広めよう」
夢とは期待を持たせること、感動とは期待を上回ること、そしてあなたの笑顔が私たちのご褒美です。
みんながワクワク!ドキドキ!ニコニコ!キラキラ!になることが私たちのミッションです

2017年08月

さば専門店というお店があり

話題になっているようです

とにかくなにからなにまでさば、さば、さば

さばにとことんこだわっています

とろさばを世界の共通語にしたいという情熱で

そこまで突き抜けることができるんでしょう

何に情熱を傾けているのか?

これは重要です

ここがぼやけていると

特徴のない普通の会社になってしまいます

どこをとっても

なにからなにまで

情熱が感じられるかどうか

商品に対する情熱

お客様に対する情熱

社員に対する情熱

地域に対する情熱

経営に対する情熱

何のどんなものに情熱を注いでいるのか?

絞れば絞るほど力は強くなります

ハッシュタグというものがあります

話題性のあるハッシュタグをたくさんつけて

できるだけたくさんの人に見てもらうようにするのか

こだわりのハッシュタグをつけて興味ある人に見てもらうようにするのか

こうして毎日ブログを書いているのも

スニップのこだわりの発信になればと思って書いています

めちゃめちゃヤバイメンバーによるフローな社風が

スニップのこだわりのひとつです



昨日のテレビで新入社員の離職を防ぐ取り組みをやっていました

ファミリー制度として

部門外の年齢がバラバラな構成でグループをつくり

仮想家族で人間関係を築いていく取り組みです

新入社員が職場になじめないまま

離職につながることが多くなってきているので

こうしたことで離職率の低下につながったという話でした

美容業界も離職率は長年の問題です

いい会社は離職率が低いものです

かといってあまり敏感になりすぎても

本末転倒にもなりかねません

みんなにとっていい環境であることを目指すことはいいことだと思います

またどうしても転職したいというのも

それはそれでしかたのないことだと思います

本当にやりたいことが就職してから見つかることもあるものです

スニップでも離職はあります

まだまだ改善点があるということです

来年の新卒者のために

また新しい取り組みも予定されています

日々改善です



知り合いの経営者が

理念を見てくださいとお願いされたので

その理念をじっくり見て

私なりにお返事をさせていただきました

人が作られたものをとやかく言えるものではありませんが

理念の意味や

コンセプト、ターゲット、ブランディングなど

なにがどういう意味であるかを

私なりに考え方だけをお伝えしました

それぞれ決まった定義はあるようでないものです

いろんな人が理念について語っていますので

自分の解釈でいいと思います

経営理念

経営指針

ミッション

ビジョン

コンセプト

ブランディング

コアコンピタンス

フィロソフィー

社風

企業文化

目標

etc,,,


理念とは

自社が大切しているなにかを基礎として

何のために誰のために

どんな将来を描こうとしているのか

何をもってどんな価値を提供しようとしているのか

一生をかけてやり遂げようとするものは何なのか

私は理念から今日一日の目標まで

すべてが同一線上にあり繋がっていることが

理想だと思っています

そう考えると

今日の一日が意味のあるものになり

些細なことも重要であり

失敗しても気にならず

大いなる目的に向かっていればいいということにもなります

ただし

大いなる目的にそぐわないことが

経営上にはよくあることで

上手い話

儲かりそうな話

苦しいとき

予定外の出来事など

理念を照らし合わせると

整合性が合わないことがあります

その時にやるのかやらないのか

理念に試されるときがあると教えていただきました

難しいことですが

難しいからこそやりがいもあるというものです





毎年楽しみにしている慰安旅行が近づいてきました

今はすべて慰安旅行係のメンバーにまかせっきりです

最初はほとんど私が考えていました

できるだけいい旅行にしたいという思いで

行く場所から行程まで完全に一人で決めていました

私にとっては満足でしたが

行く人にすればただついていくだけ

私の自己満足の部分が大きいことは事実でした

今は行く場所から行程まで係りの人が決めてくれます

旅行会社との交渉から

みんなの意見をまとめたり

イベントを考えたり

しおりを作ったり

大変ですが絶対いい経験になります

先輩方は自分も経験しているので

自然に感謝の気持ちも出てきます

いつまでみんなで一緒に行けるのかわかりませんが

めちゃめちゃやばい会社としては

普通ならやらないことはやるしかないのです

img-l-spot07



昨日の同友会の支部例会では

DATAKITの喜多さんによる報告でした

終始なごやかな雰囲気で

ご本人は人見知りの困った性格だと仰いますが

人柄の良さがにじみ出ていました

いろんな壁にぶち当たるごとに

自分を変革しながら乗り越えていき

それが会社の成長に繋がっていく

IT会社でありながら

「人が人らしくあるために」ITを活用するというところが

共感しました

喜多さんがいう勇気付ける経営とは

行動力とリーダーシップでぐいぐいと引っ張る経営者とは違い

社員さんを信じて、イキイキと働く環境をつくることを優先にする経営です

喜多さんは本当の自分を見せる勇気で

周りの人に勇気を与えていました

不思議なことに

毎年夏の例会は盆休みがあり

なかなか人数が集まらないのが例年ですが

昨日はいつもよりたくさんの方々が集まっていただきました

これも喜多さんの周りが巻き込まれていく

勇気付ける力なのかもしれません








↑このページのトップヘ